リナビスは質のいいクリーニング技術で最近注目されています!

1万名様限定で高品質【リナビス】

ダウンジャケットの洗濯では脱水に注意

ダウンジャケットの洗濯を自宅でする場合洗濯機で洗うと爆発するということが中居正広さんと鶴瓶さんのザ世界仰天ニュースで放送されました。


そもそも洗濯をしたらなぜダウンジャケットが爆発するかについてですが、ダウンジャケットの表面の布は防寒性を高めるために風や水を通しにくい構造になっています。

 

しかし、ダウンを洗っているとさすがに水分がダウンの中の綿に浸透します。


昔の払う側と洗う側と脱水する側に分かれている二層式の洗濯機に入れて脱水をかけた場合、高速回転の遠心力で水分を外に絞り出すので、その水がしぼり出られない状態で遠心力がかかり中の空気が圧縮されて爆発が起きてしまうようです。

 

ダウンジャケット 洗濯 ドラム式

上記の事故もあり、ダウンジャケット洗濯する場合ドラム式が推奨されています。
しかしドラム式の脱水も回転して遠心力で水分を絞る降り出すので同じように圧力がかかりすぎると爆発する危険性がないとは言えません。

 

実際にダウンジャケットをドラム缶で選択する方法について紹介されているものでも中の綿の偏りを防ぐためにも短い時間で数回すると紹介されています。

 

ダウンジャケット 脱水 

ダウンジャケットの脱水の方法についてですが、脱水機を使わずに手で絞れば爆発危険性はありません。

ただ、脱水機で絞るのと同じぐらいに水分を絞り出すことはできないので、乾燥時間が長くなります。

 

天日干しで乾かすつもりであれば、天気のいい日だけでなく、夏や春の温度が高い時を狙ってするのも一つ選択肢としてあると思います。

 

ダウン ジャケット コインランドリー 洗濯

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯する場合脱水の時に爆発する可能性がないとは言えません。

コインランドリーの洗濯機は家庭用の洗濯機とよりも強度はあるかと思いますが、爆発が起きて故障した場合にコインランドリーの管理者から損害賠償を請求される可能性があります。

 

ダウンジャケット 乾燥機

本来ダウンジャケットを乾かす際は脱水機で高速で回すと爆発の危険もあるし綿の偏り体ものも起きやすくなるので低音の乾燥機で乾かすんだそうです。

家庭用の乾燥機で生地が傷まないように様子を見ながら短時間の乾燥を繰り返してみたり、布団乾燥機を使ってダウンジャケットの中に音符を送り乾かしたという人もいます。

コインランドリーの乾燥機もふっくらしていいですね^^

 

 

結論として何が言いたいかと言うと、ダウンジャケットを洗濯する際は脱水で高速回転の圧力をかけてしまうと爆発する恐れがあるので自己責任で行ってください。

 

特にマムートやノースフェスtaionなどのダウンが爆発してしまったら洗濯機並みに損をしてしまうのでプロに頼むほうが損しないです。

高級や思い入れがある大切なダウンジャケットは宅配クリーニングのリナビスにお願いするのが安心です。
 

こだわりと職人の仕事を見に行く⇒1万名様限定で高品質【リナビス】

© 2019 クリーニング 宅配 rss